My body myth 

 

2015

Participatory performance


Photo: Hako Hosokawa

 

観客のホクロ(ない場合は傷などそれに準ずるものも可)を星座のように線でつないだものが何に見えるか一緒に検討する参加型パフォーマンス。

 

観客は観測者と被観測者の両方を担う事になり、ホクロ星座の連なりを軸にした観客自身の個人的なエピソードを話した体験は

シルバーのポスカのインクと一緒に観客の身体と記憶に少しだけこびりつく。

 

--

 

 

This participatory performance is giving name together to audience's "moles constellation" with them.

Audience's moles were connected by line as like as constellation with silver ink-pen.


The Audience is both observer and the observed side.

The experience that talking about them personal episode based on "moles constellation" is slightly remains in  their memory,

As like as the line drawn with silver ink on their body yesterday. 

 

 

   



 

無人島へ持っていくとしたら、何を持っていこう。

 What will you bring to desert island?

 

2014

Participatory performance               


 

2014/7/29 

旅行の帰り、高速道路で渋滞に遭った。前にも後ろにも進めずトイレにも行けず烏龍茶も飲み干していた。その暇を乗り切ろうと「無人島に持っていくとしたら」という話題になる。ナイフかな、と初め私は言ったとおもう。そんな答えじゃつまらんだとか、実用性がどうだとか、それじゃあすぐ死ぬ、いや死なないだとか、そんなふうなことを話した。話が進むうちに本、牛(ミルクの出る)、紙とペン、などいくつか有力候補が出るも、やっぱりナイフかなとおもった。(今現在はバケツがいいかなと考えている。)そして渋滞を抜けサービスエリアでトイレを済ませ飲み物と食べ物を買って車に戻り、また別の暇つぶしをしながら家へ帰った。

 

--

 

無人島について語る時、その脳内ではひとりぼっちの無人島にいる。

私たちは持ち物について話す中で、冗談交じりに生きることや死ぬことの話をした。

 

--

 

When you talk about desert island with your friend,You are in desert island alone in your mind.

We talked about living and dying with laugh during the talking "what will we  bring to desert island".


遠景から現地点を望む

Observing here from over there

 

2015

installation 

 

 

(小学校は全て南を向いて並んでいます。/南とは、無数に並ぶ小学校の窓から正面へ向かう反射光をつないで一つに束ねた先の、遠くにある点のようなもののことなので、百万人が南を向いたとしても人の頭や大きな建物によって遮られ見えなくなるようなものではありません。/南天より見下ろすと、小学校はチラチラと無数に光る星のように見えます。/関係のないばらばらな位置に散らばる星を、私たちは平面的に繋いだ線を星座と呼んでいます。・・・ )

 

 断片的なテキストと、教育ビデオを切りはりした映像、小学校の道具によるインスタレーション。

 

 

--

 

(All Japanese primary school buildings are standing to face to south./You can see "south" anytime anywhere.Because "south" isn't place or site but kind of dot./You can see lots of reflection from primary school's window from top of south sky,It likes many small stars scattered in the night sky./We call as "constellation"unrelated and scattered stars connected by line.--)

 

This is installation with fragmental text and learning video,And primary school's old tools.


Recite my diary

 

2015

performance

 

 

自身の日記を暗唱して過去について語るパフォーマンス

 

--

 

Telling about past with recite own diary.  


女の名前

Names of female

 

2015

performance

 

多田佳那子さん早川真奈さんによる二人展「現実にようこそ」にて。 Kanako TADA Mana HAYAKAWA


 

(「アヤカ」という名前を持つひとが私の知り合いに5人いる。

自分も含めると6人、著名人にもまあまあ多い、割と一般的な名前だ。

アヤカとは12歳くらいのころとても仲が良かったが、趣味嗜好が違うということが

14歳くらいの頃にだんだんと明らかになりなんとなく遊ばなくなった。

アヤカは背が高くてギャルっぽく、ヤンキーの彼氏がいた。・・・)

 

同じ名前を持った実在する女性たちの話をするパフォーマンス

 

 

--

 

 

(The name "Ayaka" is one of typical name in Japan.

One of them "Ayaka" is tall,And she is kind of bad girl,And she can play piano.

Another "Ayaka" is wearing glasses ,And member of tennis club,And she can also play piano.--)

 

This performance is the telling about some "Ayaka"s and her girl's friends narrative story.

 

 


寝床を掘る

Bed making

 

2014

performance

 

 

尖った石が敷き詰められた地面を素手と素足で整え寝床を掘るパフォーマンス

 

--

 

Making the ground covered by lots of jagged stones to bed by own bare hands and foot.