ビーズのネックレスがほどけて 

The broken beads necklace

 

2016

 Participatory performance

 

Photo:Hako Hosokawa

 

 

ある詩を伝言ゲームの要領で一音ずつ(こ、れ、を、つ、た、え、る等)伝えてゆく参加型パフォーマンス作品。

⑴単音に分けて発話する:言語が音に解体される

⑵他者から聞いた情報をそのまま他者に伝える:身体が外部装置になる

⑶クローズな事柄を共有する

 

--

(伝聞により経験や知識は他者から他者へ接続される。自分の世界が一つ広がる。それを繰り返すことで社会は豊かな意味で満たされてゆくが、しかし伝聞は内容があやふやになり意味が拡散してしまう。言語を通して一語一句違わず正しく伝えてゆく技術として、詩や諺のような決まった形式にする言語の技術があるが、その一語一句違わず伝えられた情報は質料であり意味(形相)がのることで初めて機能する。伝言ゲームの正しさをチェックしようとして、自分よりも前にいる人を自分の時間軸に含めて考える。あるいは、天動説のような物言いで。)

 

--

 

This is participatory performance that telling a certain poem to next person as like as hearsay-game(:whisper down the lane-game).

 

1)

The poem is told separated to just one sound (ex: a-i-u-e-o).It is kind of broken sentence.

All participants can't understand poem's overall flow and also the poem's correct sentence.

 

2)

Broken sentence went through their bodies.The body was as like as electric machine,Telephone,Speaker etc.

 

3)

 

Performers were instant and also coincidentally gathering, But they were seen like some secret sharing "party"

from the outside seen.